読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIND WORK

様々な仕事を紹介。

労働基準監督官(厚生労働省)【国家公務員】

労働基準監督官

 

働く人にとって安心・安全な職場環境を実現するためには、労働基準法などで定められた労働条件が確保され、その向上が図られることが重要です。

労働基準監督官は、労働基準関係法令に基づいてあらゆる職場に立ち入り、法に定める基準を事業主に守らせることにより、労働条件の確保・向上、働く人の安全や健康の確保を図り、また、不幸にして労働災害にあわれた方に対する労災補償の業務を行うことを任務とする厚生労働省の専門職員です。

労働基準監督官は会社が労働法に違反していないかを強制的に会社に立ち入り調査(臨検)する権限を持っています。法律違反をしていることが判明すれば、司法警察官として逮捕、送検することができる権限を持っています。

労働基準監督官には、会社や個人事業主に対して監督指導する通常の行政監督権限と、取調べや逮捕、捜索差押を行うことのできる特別司法警察職員としての権限を持っています。

この特別司法警察職員というのは、一般司法警察職員(いわゆる警察官)よりも専門の犯罪分野に詳しい警察官という位置付けですが、権限は一般の警察官と変わらないようです。

採用試験では、「労働基準監督官A」と「労働基準監督官B」の2種類があります。Aは文法系で、Bは理工系です。