読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIND WORK

様々な仕事を紹介。

入国審査官(法務省)【国家公務員】

入国審査官は,我が国を訪れる外国人の出入国審査,日本に在留する外国人の在留資格審査,出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という。)違反者に対する違反審査及び難民認定に係る調査など各種の審査業務等を行うことで,日本の安全と国民生活を守りつつ国際交流の円滑な発展に貢献する仕事です。


【入国審査】

日本に入国しようとする外国人に対して,所持する旅券や査証が有効であること,日本で行う活動が入管法に規定する在留資格に該当し,国内において行う活動が虚偽でないかを審査することで,円滑な国際交流の発展に寄与するだけでなく,日本社会の安全を脅かす外国人の入国を水際で阻止します。


在留資格審査】  

入国を認められた外国人が与えられた在留期間を超えて国内に在留する,又は在留目的を変更して引き続き在留するための申請をした場合に,日本社会の利益や安全などに配慮しつつ入管法に定められた在留資格による活動に該当するかどうかを審査することで,外国人の在留の適正な管理に努めています。


【違反審査】  

外国人の一部には,日本に不法入国したり,在留許可の範囲を超えて国内に滞在したりする人達がいますが,我が国の安全や利益が害されることを防ぐため,そのような外国人を退去強制するのも入国管理局の仕事です。どういう場合に退去強制されることになるのかは入管法に定められており,退去強制事由に該当するかどうかを審査します。

 

入国審査官になるには?

入国警備官採用試験のような独自の試験は設けておらず,まずは人事院が主催する国家公務員採用一般職試験を受験し,最終合格した者の中から,各地方入国管理局の面接を経て入国管理局職員として採用されることになります。当初は,法務事務官として採用されますが,勤務経験を重ねることにより入国審査官になることができ,そのための特段の試験はありません。