FIND WORK

様々な仕事を紹介。

食品衛生監視員(厚生労働省)【国家公務員】

輸入される食品については、その安全性確保の観点から、輸入業者に対して輸入届出の義務が課せられています。

食品衛生監視員は、届出を受け付けた厚生労働省検疫所では、食品衛生法に基づき適法な食品等であるか審査や検査を行い、水際で輸入食品を監視しています。

 

厚生労働省検疫所における食品衛生監視員の主な業務は、①輸入食品監視業務、②検査業務です。ときには③検疫衛生業務を行うこともあります。

 

【輸入食品監視業務】

日本は食品の輸入大国であり、厚生労働省によればカロリーベースで約6割を輸入食品に依存しています。このため、輸入食品の安全確保は、国民にとって大きな関心事項であり、非常に重要なものとなっています。

検疫所は、輸入食品の監視業務を第一線で行っています。食品等を営業目的で輸入する際には、厚生労働大臣に届出しなければならず、この届出書を北海道から沖縄まで全国の検疫所に配置されている32ヶ所の輸入食品届出窓口で受付しています。
食品衛生監視員は、この届出書の記載事項をチェックし、輸入された食品が日本の食品衛生法に適合しているか、必要な検査が行われているか等を審査します。具体的には、届出書の内容から、使用してはいけない添加物が使用されていないか、製造が日本の規制を遵守して行われているか等の審査を行います。その結果、必要であれば輸入業者に対する指導も行います。
また、多種多様な輸入食品の食品衛生上の状況を幅広く監視するために、「輸入食品監視指導計画」に基づくモニタリング検査のためのサンプリングを行っています。モニタリング検査は、食品衛生監視員が港湾区域や倉庫へ自ら車を運転して行き、倉庫で輸入食品の確認や、サンプリングを行うので、特に貨物の開梱や検体の運搬等では、体力も必要となります。

 

【検査業務】

検疫所では、輸入食品のモニタリング検査等に係る試験分析や検疫衛生業務に係る検査を、高度な検査機器を配備した横浜、神戸の輸入食品・検疫検査センター及び6ヶ所の検疫所の検査課で実施しています。
検査(試験分析)業務には、微生物検査と理化学検査があります。微生物検査では、病原微生物や寄生虫等の検査を実施し、理化学検査では、残留農薬、残留動物用医薬品、添加物、有毒有害物質等の検査を実施しています。
これらの検査を実施するため、輸入食品・検疫検査センターでは、ガスクロマトグラフ質量分析計や高速液体クロマトグラフ質量分析計、リアルタイムPCRなどの検査機器を備えています。
また、検疫所では、海外からの研修生の受入、海外への講師派遣による技術協力も実施しています。

 

検疫衛生業務】

検疫所は全国に13ヶ所の本所と14ヶ所の支所があり、その他83ヶ所の出張所があります。これらのすべての検疫所で検疫衛生業務を行っています。国内に常在しない感染症(いわゆる検疫感染症)の病原体が海外から侵入することを水際で防止するため、海外から来航する船舶、航空機及びその乗組員、乗客に対して検疫を行うとともに、必要に応じて病原体の検査を行い、患者を発見した場合には、隔離、消毒等の防疫措置を講じることとしています。例えば、新型インフルエンザ発生時には、新型インフルエンザ等対策特別措置法等に従い、感染の疑いのある入国者を発見するため、体温測定や、PCR等による遺伝子検査を行います。
その他、感染症を媒介するねずみ族や蚊族等の海空港での生息状況調査及び病原体保有検査の実施や、動物からヒトに感染する動物由来感染症の侵入を防止するために、動物の輸入届出に対する審査等を行っています。