読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIND WORK

様々な仕事を紹介。

麻薬取締官(厚生労働省)【国家公務員】

麻薬取締官は、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生(支)局に設置されている麻薬取締部に所属し、刑事訴訟法に基づく特別司法警察員としての権限を持っています。薬物乱用の無い健全な社会生活を実現するため、幅広い分野での活動を展開しています。

家庭の主婦や子供ですら、簡単にドラッグを手に入れることができる現代社会において、薬物乱用という深い奈落への入り口は、普通の生活を送る人々の、何気ない日常に潜んでいます。好奇心、誘惑、知識不足…きっかけは何であれ、その奈落に落ちたら、決して元には戻れない。

麻薬取締官は情報のアンテナを広く深く静かに張り巡らせ、密売人や乱用者を検挙して排除し、「薬物汚染のない健全な社会の実現」という責務を果たすため、日々薬物犯罪に挑む仕事です。

 

【違法薬物に係る捜査】

特別司法警察員として、薬物犯罪にかかる捜査・情報収集活動を行っています。薬物乱用者、暴力団や不良外国人等の規制薬物密売人を取り締まるため、昼夜を問わず捜査に従事しています。

【医療麻薬の監督、指導】

医療上有用な麻薬や向精神薬の流通経路を監視するため、定期的に病院、薬局、製薬会社等に立入検査に入っています。正規流通経路からの横流しや不正使用を防止するための指導と助言を行っています。

【相談業務・啓発活動】

相談業務として、薬物乱用者の家族や友人からの相談、また一般市民からの通報も受理しています。他に各種学校、関係機関での講演、さらには薬物乱用防止啓発活動も官民一体となって行っています。

 

麻薬取締官になるには?

次の①又は②の条件に該当する者が、麻薬取締部の採用試験応募できます。
国家公務員試験一般職試験(大学卒業程度)の「行政」又は「電気・電子・情報」,「化学」の受験者(ただし,最終合格を採用の条件とします。)
②薬剤師,又は薬剤師国家試験合格見込みの者で、30歳以下であること (ただし、薬剤師国家試験合格見込みの者については、薬剤師免許の取得を採用の条件とします)。