読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIND WORK

様々な仕事を紹介。

警察官(都道府県)【地方公務員】

男子の中には、小さいころにあこがれた人も多いのでないでしょうか。警察官(お巡りさん)は、警察庁の下に、各都道府県ごとに警察組織があります。東京は警視庁、北海道は、北海道警察本部、大阪府大阪府警察本部、京都は京都府警察本部、その他の県には、たとえば神奈川県警察本部が置かれています。採用も各警察本部ごとに行っています。

都道府県が管理する警察組織で、それぞれの地域の安全・安心を守りながら、その地域で発生した事件や事故を担当します。

もう一つの警察組織、警察庁とは?

警察庁」とは、国の行政機関であり、国家に関わる公安や警察組織全体の統括、各都道府県警察の監督などの役割を担っています。

 

47の警察をすべて紹介できないので、警視庁を参考にしてください。

 

警察官:4万3,072人

職員(事務・技術):2,799人 一般職非常勤職員:3,066人 (平成28年1月1日現在)

 

都民の生命・身体・財産を守り、犯罪を未然に防ぐことによって、平和な社会を支えるのが任務です。地域警察、生活安全警察、刑事警察、交通警察、警備警察、公安警察、組織犯罪対策といった部門で警察官、事務職員、技術職員が協力して任務にあたっています。
警視庁の仕事の一番のやりがいは「日本という国の治安、首都・東京で暮らす人々の安全を守ることができる」ことです。

 

活動範囲は東京都内のみにとどまらず、日本全国、また海外にまで広がっています。
組織的背景のある事件捜査、海外ハッカーからの攻撃に対するサイバーフォース、外国の要人が多数集まる国際会議等の大警備等には全国警察の先頭に立って組織力を発揮します。
大規模災害や事故が発生した際には海外に派遣されることもありますし、外務省等の他官庁に出向して海外勤務をしている警視庁職員も大勢います。

f:id:bluesheepman:20170507222009p:plain

(警視庁ホームページ)